2010年以降の著書

「平成22年以降、すなわち2010年以降、個人的には国際教養大学の特任教授としての任を解かれ(平成23年)、いよいよ教育職から離れて著述に専念出来るようになった。これまでの西洋美術史から日本美術史、そして日本の歴史へと研究のシフトをさらに広めて、日本とは何かを、世界史的な観点から考究するようになった。日本の「本当は何がすごいのか’」シリーズはその成果である。さらに『東京の歴史』から関東、東北の歴史の復権を、「高天原」の考察から始めた。また一方でボローニャ大学での日本の美学のイタリア語の講義をし、日本仏教美術展のローマ開催(2016年)に尽力することが出来た。いわば人生の収穫期を迎えたと言って良いかもしれない」。


  1. 『やまとごころとは何か』

    『やまとごころとは何か』 ミネルヴァ書房 2010年(平成22年)1月発刊

    日本史の中の宗教、思想を論じた著書。 神道が縄文文化時代から存在し、それが古墳文化、そして聖徳太子、天武天皇に至るまで一貫した原理になっていることを論じ、そこに仏教文化が移入されて、充実した日本文化の華が開いた。 筆者は神道を共同宗教とし、仏教を個人宗教と弁別し、その両方をもつことにより、はじめて確固とした宗教文化をもつことが出来たと論じている。 その神仏融合の精神が「やまとごころ」なのだ、と。 すでに平成20年までの『新日本学』に連載されていた各論を集大成したもの。 発行が出版社の事情で遅れていた。

  2. 『日本と西洋の対話―一文化史家のたたかい』

    『日本と西洋の対話―一文化史家のたたかい』 出版社: 講談社出版サービスセンター (2010/10)

    美術史学界の第一人者が、西洋中心主義、マルクス主義、自虐史観などを徹底批判。

  3. 『戦後日本を狂わせたOSS「日本計画」―二段階革命理論と憲法』

    『戦後日本を狂わせたOSS「日本計画」―二段階革命理論と憲法』 出版社: 展転社 (2011/07)

  4. 『芸術家列伝3 レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ (白水Uブックス)』

    『芸術家列伝3 レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ (白水Uブックス)』 出版社: 白水社 (2011/7/23)

    ルネサンス美術を知るうえで最も重要、かつ読み物としての面白さを兼ね備えたヴァザーリの『列伝』は、長い間古典として読み継がれてきた。その中よりルネサンスの二大巨匠を収録。

  5. 『「写楽」問題は終わっていない』

    『「写楽」問題は終わっていない』 出版社: 祥伝社 (2011/12/9)

  6. 『日本美術全史 世界から見た名作の系譜』

    『日本美術全史 世界から見た名作の系譜』 出版社: 講談社 (2012/4/11)

    将軍万福、国中連公麻呂、定朝、運慶、湛慶、雪舟、尾形光琳、池大雅、北斎、広重、富岡鉄斎、藤田嗣治、多数の逸名作家…。世界美術史の中でも最高水準にある作家たちは、「民族的・宗教的価値」を超える普遍性=「人間性」の表現を実現した。「時代様式」による記述で、縄文から現代にいたる美術作品を縦横に論じた、新日本美術史がここにある。

  7. 『日本の歴史 本当は何がすごいのか』

    『日本の歴史 本当は何がすごいのか』 出版社: 扶桑社 (2012/8/25)

    知っていますか?日本の”いいところ”。伝統と文化の魅力がわかる14話。「和歌」「わび・さび」「もののあわれ」「老舗」などユニークな伝統と文化を生んだ日本の魅力を、美術史の国際的権威が、通史のかたちでわかりやすく説き明かす好著。

  8. 『美しい「形」の日本』

    『美しい「形」の日本』 出版社: ビジネス社 (2013/1/30)

    遮光器土偶、前方後円墳、法隆寺、聖徳太子、運慶の謎に迫る!そして万世一系の天皇も「形」の美だった!?歴史学者や考古学者が見落としていた真実。

  9. 『日本の文化 本当は何がすごいのか』

    『日本の文化 本当は何がすごいのか』 出版社: 扶桑社 (2013/3/23)

    『古事記』『万葉集』『従然草』『富嶽三十六景』、祭り、花見、能、老舗など、日本文化を貫く原理を美術史の国際的権威が、比較文化の視点でわかりやすく説き明かす。日本文化の真髄がわかる全10章。

  10. 『世界史の中の日本 本当は何がすごいのか』

    『世界史の中の日本 本当は何がすごいのか』 出版社: 扶桑社 (2013/6/1)

    日本の歴史は、世界史の視点で比べてみるとよくわかる。四大文明と縄文文明、ギリシア神話と日本神話、コーランと十七条憲法、フランス革命と明治維新、欧米型資本主義と日本型資本主義など、ユニークな対比によって描かれた日本の”いいところ”。大好評『日本の歴史 本当は何がすごいのか』『日本の文化 本当は何がすごいのか』に続くシリーズ第3弾!

  11. 『本当はすごい! 東京の歴史』

    『本当はすごい! 東京の歴史』 出版社: ビジネス社 (2014/5/23)

    日本は東がおもしろい! ? 江戸以降、関東は栄えてきたと思われがちです。しかし歴史を紐解けば関東、とくにいまの東京のポジションは大変ユニークです。どうやら日本建国の謎は関東にあったとしか思えないのです。 決して九州や関西地域ではなく、関東の地にこそ日本建国の秘密があったことの歴史を検証していきます

  12. 『世界文化遺産から読み解く世界史』

    『世界文化遺産から読み解く世界史』 出版社: 扶桑社 (2013/9/25)

    ピラミッド、パルテノン、アンコール、兵馬俑坑…政治・経済・文化の結晶である世界文化遺産から”見えてきた”本当の歴史。 『戦後日本を狂わせた左翼思想の正体―戦後レジーム

  13. 『戦後日本を狂わせた左翼思想の正体―戦後レジーム「OSS空間」からの脱却 』

    『戦後日本を狂わせた左翼思想の正体―戦後レジーム「OSS空間」からの脱却 』 出版社: 展転社 (2014/10)

  14. 『日本の宗教 本当は何がすごいのか』

    『日本の宗教 本当は何がすごいのか』 出版社: 扶桑社 (2014/11/1)

    日本が豊かな歴史と文化をはぐくんできた最大の要因は、「自然」を「神」としたその宗教観にある。なぜ日本人は「自然」を「神」と呼んだのか、『古事記』と『旧約聖書』の決定的な違いは何かなど、西洋美術史研究の第一人者が歴史を題材に、比較文化の視点から解き明かす。

  15. 『日本の歴史 本当は何がすごいのか』

    『日本の歴史 本当は何がすごいのか』 出版社: 扶桑社 (2015/1/31)

    著名な人類学者マライーニ氏の言葉で、著者は日本人の誇りに目覚めた。西洋美術史の権威である著者が、比較文化の視点から、日本の伝統と文化の魅力を通史の形でわかりやすく説き明かす好著。

  16. 『日本史5つの法則』

    『日本史5つの法則』 出版社: 扶桑社 (2016/1/23)

    日本史には法則があり、重要な分岐点では、必ずその法則が働いてきました。 また、その法則に当てはめて検証すると、今日〝定説〟とされていることが誤りである可能性が大きいこともわかってきました。 本書では、日本史を貫く5つの法則を提示するとともに、〝定説〟の誤りに大胆に切り込みます。

  17. 『日本人が知らない日本の道徳』

    『日本人が知らない日本の道徳』 出版社: ビジネス社 (2016/1/23) 共同体(コミュニティ)が生き残るための最重要課題をすべての日本人は無意識に行っている! 日本の道徳に世界は感心している! 日本人ほど「道徳」とも思わず道徳を、「信仰」とも思わず信仰をしている国民は世界でも珍しい。 世界が驚嘆する日本の道徳が、いつ頃、どのようにして生まれたのか、どのような意味を持つのかを、歴史を遡り、宗教観や西洋思想と比較しながら考察する。 身近な作法や常識、外来文化から日本の「道徳」を改めて実感できる1冊! 津川雅彦氏激賞! !
    テロと戦争の世界を救うヒントは日本にあった!
    日本の道徳に世界が近づいている 縄文の自然を畏敬する精霊信仰や生きとし生きるもの全てに命が宿り神が宿る「命の平等」から一万六千年を経て、自然に基づく日本の道徳観がいま! 西洋で注目されているという。 自然の朝昼夕夜、春夏秋冬が繰り返す規律性。自然の極み、自然の怒りに人間の小ささ、儚さ、情の多様さを映しだし、時には人間を叱り、時には優しく包み込む「愛」を感じながら、日本人は大自然から道徳を学んで来たのだと深く納得させられた。 (津川雅彦氏推薦文)

  18. 『戦後日本を狂わせた反日的歴史認識を撃つ』

    戦後日本を狂わせた反日的歴史認識を撃つ 出版社: 展転社 (2016/03/10)

    戦後の日本は、GHQの占領政策によって東京裁判史観を植えつけられ、多くの日本人はその誤った反日的歴史観を信じ込まされてしまった。今こそ日本人は、過てる反日的歴史認識から脱却し、正しい歴史認識を取り戻さなければならない。 【推薦の辞】西洋人が書く歴史はまだまだ西洋中心主義で、西洋植民地主義による世界支配の過程をあたかも文明の優劣であるかのように論じる。加えて日本でも欧米でも歴史家はいまだに唯物史観に縛られている。本書は最近世界的ベストセラーになった歴史書などを槍玉にあげ、日本文明を中心に据えた視座から彼らの無知を叱り、偏見を問い質して、〝学問の原点〟に立ち還ろうとする。明治以来の固定観念に閉ざされ、自分の学界の内部しか見ていない日本人歴史家たちには耳が痛いに違いない挑発の書でもある。
    西尾幹二

  19. 『天平に華咲く「古典文化」:続・「やまとごころ」とは何か (MINERVA 歴史・文化ライブラリー)』

    『天平に華咲く「古典文化」:続・「やまとごころ」とは何か (MINERVA 歴史・文化ライブラリー)』 出版社: ミネルヴァ書房 (2016/7/30)

    日本において本格的な国家はいつ生まれたのか。それは決して近代の産物ではなく、飛鳥から奈良時代にかけての時期に遡る。本書では、『古事記』『日本書紀』の形成、鎮護国家的仏教理論『金光明経』を基にした東大寺や国分寺などの寺院建立、そして『大宝律令』の法令整備などが天皇を中心になされ、ついには世界にもない統一体をもって国家が作り上げられた過程を解明する。『「やまとごころ」とは何か』待望の続編。

    [ここがポイント]
    ◎ 日本という国家はどのように形成されたかを歴史にさかのぼる。
    ◎ 美術史の第一人者が日本文化の深層を描く。

  20. 『鎌倉文化の思想と芸術 – 武士・宗教・文学・美術 – 』

    『鎌倉文化の思想と芸術』 出版社: 勉誠出版社 (2016/08/05)

    生き生きした創造性を中心とする新しい歴史観を確立、鎌倉文化を再評価する!!
    社会、政治、宗教、美術、文学など分野ごとに論じられてきた歴史を統合し、人々の生き生きとした創造性を中心に歴史を再編成する。 運慶の無著像は西行の姿、世親像は文覚上人であるという新発見の論証、など鎌倉文化を再評価する画期的な書。

    東大寺大仏の平家による焼亡、その再建を期に、運慶を中心に天平古典復興と、動的なバロック的美術を生み出した。宮廷文化に取って代わり、武家文化が創造されたのである。そこには後白河上皇、源頼朝、運慶の政治的、文化的な深いつながりがあった。
    鎌倉文化は「宮廷文化」に代わる「武士」や「民衆」の断絶の文化として、また法然や親鸞、道元や日蓮の「新仏教」の時代として変革の時代として語られてきたが、しかし武士は公家の出身であるし、断絶ではなく過去の様式を十分に継承していたのである。そして浄土信仰という「他力本願」は、仏教本来の「自力本願」の精神を失ってゆき、仏教文化は終焉に向ったのである。

  21. 『日本の戦争 何が真実なのか』

    日本の戦争 何が真実なのか 出版社: 扶桑社 (2016/11/30)

    「日本は侵略した」と思っているあなたへ。

    日本は侵略国なのか?
    古代から近現代まで、
    日本の対外戦争史をたどり
    見えてきた真実とは――。

    日本は外国と、なぜ、どのように戦い、
    世界にどんな影響を与えたのか?
    欧米諸国や中国などとは異なる
    日本の一貫した姿がいま明らかになる!

    内容
    ○日本人と西洋人の戦争観はこんなに違う
    ○「侵略」という言葉では正しい戦争理解はできない
    ○日本最初の対外戦争としての「三韓征伐」
    ○「白村江の戦い」――日本はなぜ朝鮮半島に兵を送ったのか
    ○「刀伊の入寇」――日本史上、初めて「攻めてきた」外敵・女真族
    ○「元寇」とはどのような戦いだったのか
    ○豊臣秀吉の朝鮮出兵の本当の理由
    ○「薩英戦争」と「下関戦争」で日本が侵略されなかった理由
    ○「日露戦争」でも貫かれた日本の〝専守防衛〟
    ○「日韓併合」の真実
    ○新資料の公開で明らかになる日米戦の真実

  22. 『増補版 日本の文化 本当は何がすごいのか』

    『増補版 日本の文化 本当は何がすごいのか』 出版社: 扶桑社文庫 (2016/12/02)

    日本文化の精髄は「神道」にあり!
    神話から、古墳、仏像、葛飾北斎まで
    “クールジャパン”の源泉に迫る!

    イタリア美術史研究の第一人者である著者が、
    比較文化の視点から日本文化の基底に見たもの、それは神道だった。
    本書では、縄文土器、古墳、『古事記』、『日本書紀』、『万葉集』、西行の歌、芭蕉の俳句、
    葛飾北斎の浮世絵、さらに仏像までが、神道の心を表していることを具体的に解説している。
    北斎の絵は、なぜセザンヌやゴッホらに大きな影響を与えたのか?
    日本の神話が語っている日本文化の特色とは何か?
    聖徳太子の「和の精神」とは何か?
    天皇とはいかなる存在なのか?
    “クールジャパン”の源泉たる日本文化の神髄がよくわかる10章。

    知っていますか?
    ◎神話が語る日本文化の特色とは?
    ◎東京のど真ん中にある「空洞」皇居の意味するものとは?
    ◎『万葉集』を読むと日本人の考え方がわかる!
    ◎日本の仏像はなぜ生き生きしているのか?
    ◎日本の浮世絵がヨーロッパで大流行した本当の理由とは?
    ◎「専守防衛」は日本の伝統!

  23. 『[増補]世界史の中の日本 本当は何がすごいのか』

    [増補]世界史の中の日本 本当は何がすごいのか (扶桑社文庫) 文庫 出版社: 扶桑社文庫 (2016/12/24)

    日本人の立場と見方で書かれた
    「新しい世界史」の試み。
    他国の歴史と比べることで見えてきた
    日本の”いいところ”。

    日本の歴史は世界史の視点によって他国の歴史と比べてみるとよくわかる。
    四大文明と縄文文明、ギリシア神話と日本神話、コーランと十七条憲法、
    フランス革命と明治維新、欧米型資本主義と日本型資本主義など、
    ユニークな対比の中で”日本のいいところ”が浮かび上がる。
    日本と同時代の世界では何が起こっていたのか?
    それはどのような関連をもっていたのか?
    両者にはどのような違いが見られるのか?
    グローバルな歴史の枠組みの中で、
    日本人の立場と見方によって記された
    「新しい世界史」の試み。
    ※コラム「日本とユダヤ」を増補

    知っていますか?
    ◎縄文文明は世界の四大文明に匹敵する!
    ◎なぜ仁徳天皇陵は始皇帝陵やピラミッドよりも大きいのか?
    ◎ムハンマドのコーランと聖徳太子の十七条憲法はどう違う?
    ◎ヨーロッパ型資本主義と日本型資本主義はこんなに違う!
    ◎フランス革命、アメリカ独立と明治維新はこんなに違う!
    ◎美術絵画や壁画には「歴史の証拠」が描かれている!

  24. 『芸術国家 日本のかがやき I 縄文時代から飛鳥時代』

    芸術国家 日本のかがやき I 縄文時代から飛鳥時代 出版社: 勉誠出版 (2017/04月)

    独自の文明「芸術国家」を発展させた日本。
    日本人の感性、知性、創造性の「すぐれ」の淵源は縄文時代の火焔土器や土偶に表れている。
    形象から把握する新しい日本文化史。

    目次

    第一章 日本人はどこから来たか 列島で何を見たか

    第二章 日本は「芸術国家」である

    第三章 「形象」で語る日本「文化」史

    第四章 縄文土器・土偶はすでに芸術である

    第五章 中国と異なる巨大文明の発生

    第六章 日本の神々の偶像崇拝の禁止

    第七章 聖徳太子が世界の宗教を融合した

    第八章 仏像が人間と宗教を統一した─「ほと・け」と法隆寺

  25. 『芸術国家 日本のかがやき II 天平時代から鎌倉時代』

    芸術国家 日本のかがやき II 天平時代から鎌倉時代 出版社: 勉誠出版 (2017/04月)

    日本芸術が世界で最も輝いていた時代は天平時代から鎌倉時代においてである。
    平安・鎌倉の文化は神道と仏教が統合し、宗教性に裏打ちされた芸術を創造した。古典からマニエリスム、そしてバロックへと形を変えながら、西洋史の時代を超越して、日本の芸術は見事な展開を見せた。
    時間軸のみで捉える歴史観ではなく、様式の形式、すなわち文化的達成度の比較から彼我の歴史を見直す。

    目次

    第一章 日本の「古典主義」の基礎

    第二章 天平のミケランジェロ・公麻呂

    第三章 聖武天皇は芸術の都・奈良の大パトロンであった

    第四章 奈良の都のオーケストラ

    第五章 大画家・光源氏

    第六章 親鸞はルターに先駆けている

    第七章 運慶と鎌倉「バロック」期の巨匠たち

    第八章 日本の大学は西欧より進んでいた

  26. 『芸術国家 日本のかがやき III 室町時代から現代』

    芸術国家 日本のかがやき III 室町時代から現代 出版社: 勉誠出版 (2017/04月)

    浮世絵は芸術の民衆文化の象徴であり、芸術国家・日本の名を世界的にした。
    神々を表現した中世の能、中国や西洋文化の吸収、そして西欧に立ち向かった近代日本―日本文化が大きく花開いた中世・近世から、日本人としてのアイデンティティを問われる現代まで幅広い時代を大観する。
    日本の美術・芸術・文学を歴史と画像で実証する壮大な文明論。

    目次

    第一章 能に降臨する日本の神々

    第二章 中国へのロマンチシズム

    第三章 キリシタンと日本

    第四章 巨大で美しい城郭建築の文化

    第五章 日本の「近代」文化は江戸で花開いた

    第六章 浮世絵はなぜ「近代」絵画の先駆なのか

    第七章 「近代」日本人は西欧とどう対決したか

    第八章 日本の伝統を主張する美術と映画

    第九章 西洋知識人は日本をどう理解したか

    第十章 現代日本のアイデンティティー

  27. 『日本人にリベラリズムは必要ない。「リベラル」という破壊思想』

    日本人にリベラリズムは必要ない。「リベラル」という破壊思想 出版社: ベストセラーズ (2017/04/26)

    “西洋の思想”をありがたがるな! 「リベラリズム」は駄目な思想である―
    「リベラル」「リベラリズム」とは何か…?
    「マルクス経済学」(社会主義)から、フランクフルト学派「批判理論」、 フロイト「エディプスコンプレックス」、丸山眞男の日本論「古層」まで、 リベラルの欺瞞と危険性を暴く!
    「知の巨人」による思想論。

    20世紀におけるマルクス主義の経典『獄中ノート』

    リベラルの得意技は”言葉狩り”

    「生まれながらにして不幸」というフロイトの人間観

    OSS(戦略情報局)による「日本計画」

    天皇を利用した後に葬る「二段階革命」

    マルキシズムに利用されているアダム・スミスの思想

    「日本思想」をとらえ損なった丸山学

    「民主主義」の名で展開された「社会主義」

    誇りを持って自らの文化に生きる幸せ etc.

  28. 『聖徳太子 本当は何がすごいのか』

    『聖徳太子 本当は何がすごいのか』 出版社: 扶桑社 (2017/7/2)

    やっぱり聖徳太子は実在した!
    なぜ、「厩戸王」としてはいけないのか。
    決定的証拠で「不在説」を粉砕!

    文部科学省が2月に公表した中学校の次期学習指導要領改定案では、「聖徳太子」を「厩戸王」に変更する案が示された。しかし、数多くの批判が寄せられ、改定は見送られた。
    そもそもなぜこのような改定案が示されたのか? そこには史学界に「聖徳太子不在説」が根強く存在するとともに、聖徳太子の”抹殺”を図ろうとする勢力が存在するからである。
    本書では、著者の専門である美術史上の決定的な事実を最大の論拠として、その他、史学・考古学などの様々な論拠とともに、「聖徳太子不在説」を論破する。
    同時に、十七条憲法や冠位十二階を定め、中国との対等の外交を展開し、「和の精神」を唱え、神仏習合を図るなど、その後の日本人の基本形をつくり出したともいえる聖徳太子の意義について、易しく詳しく解説する。

    いまなぜ「聖徳太子」なのか――
    ◎教科書表記が「厩戸王」に変えられそうになった訳
    ◎歴史の真実は文字史料だけではわからない
    ◎太子の「実在」を示す”決定的な発見”
    ◎法隆寺と太子の謎を読み解けばすべてがわかる
    ◎「和を以て貴しと為す」に込められた本当の意味
    ◎「国家」とは何かを示している十七条憲法
    ◎紙幣の肖像に使われた理由、そして消えた訳
    ◎日本人にとって聖徳太子とは何か

  29. 『高天原は関東にあった 日本神話と考古学を再考する 』

    高天原は関東にあった 日本神話と考古学を再考する

    出版社: 勉誠出版 (2017/7/24)

    日本古代史の常識を覆す衝撃の一冊!!
    土偶の造形は「水蛭子」がモデルとなっている!
    鹿島・香取神宮の存在が、日高見国の位置を明らかにしている!
    邪馬台国・卑弥呼は実在しなかった!
    古代の文献と考古学的を読み解けば、新たな古代史が見えてくる。

    目次
    第1章 縄文土偶は異形人形である
    第2章 神道は形象で表現される
    第3章 「国譲り神話」と出雲の銅剣、銅矛、銅鐸
    第4章 高天原は関東にあった―鹿島神宮と武御雷神の研究
    第5章 「高天原」は「日高見国」であった―縄文・弥生時代=天津神、古墳時代=国津神の時代
    第6章 「日高見国」から「大和国」へ―縄文・弥生時代の新しい歴史観
    第7章 なぜ「卑弥呼」神社はないのか―日本のどこにも存在しなかった「邪馬台国

    宮崎正弘氏の書評

    田中英道『高天原は関東にあった』(勉誠出版)

    「鹿島立ち」とは、いかなる意味が裏に籠められていたのか「天孫降臨」は関東から九州への遠征。高天原は関東にあった

    田中英道氏は美術史が出発点であり、考古学、古代史への分野へは美術の観点から興味を高められた。そのうえでイタリア、フランス、スペインの美術の造詣から、歴史の議論は国際的なパースペクティブに広がる。
    独自の歴史解釈、そのアプローチが学閥や通説に拘束されない、斯界のタブーを撃破していく。通説を完膚無きまでに論破するのは、そうした学問的背景がある。
    おそらく、本書で展開されている高天原が関東にあり、邪馬台国は実在しないという挑戦的な、革命的な書籍は既存の歴史学会や大学教授らは間違いなく無視するだろう。ちょうどアメリカの歴史学界が、真実を言う学者、ジャーナリストを「歴史修正主義」と言って排斥するように。
    「目から鱗が落ちる」などという表現は陳腐である。目から何十枚、何百枚も厚い鱗がぼとぼと落ちていくほどに本書に描かれた歴史解釈は従来の歴史通念をひっくり返すのだ。戦後の左翼が取り憑かれた愚昧な歴史観をひっくり反すコペルニクス的な、画期的な書物が本書なのである。
    というわけで、読了に三日かかった。かかりっきりで読んだわけでもないが、一行一行をかみ砕きながら読むと想定外に時間がかかるのである。
    冒頭に縄文土器の解釈がある。
    土器、土偶、とりわけ縄文の意味。田中氏はひろく諸外国の類似土器、土偶を美術史的な観点から比較考察する。その探求眼は国際比較文明学者のそれであり、土偶の造型の多くがデフォルメされ、水蛭子がモデルになっていることに着目し、日本の古代史の常識を覆る衝撃の歴史考察がつづく。
    「先史時代のヴィーナス」のようであっても、日本の長野県棚畑遺跡からでた「縄文のヴィーナスがもっとも美しい」とされる氏は、「写実性から離れ、抽象性、芸術性をもっている」とするのだが、その源泉は不明である。だが、氏は考古学的解釈や時系列に拘らず、フォルモロジーから真実に迫ろうとする。
    評者(宮崎)は土偶の変形とりわけ女性の腹部がふくよかすぎるほど出っ張った土偶をギリシアやキプロスでもみたが、当時は肥満女性が美しかったから等という解説は聞き飽きた。
    そういう陳腐な解釈が歴史を誤断させるのではないのか。
    青森の三内丸山遺跡には黒曜石が発見されている。近くの秋田県の山奥になるストーンサークルは、世界の果てにも類似があり、また巨石神殿は英国のストーンヘンジ、マルタの巨石神殿を連想するのは評者だけではあるまい。
    ともあれ日本の縄文時代は一万六千年以上まえからあって中国大陸や朝鮮半島とは無縁の独自の文化を形成していたことがわかる。
    ついで高天原が関東にあった理由に鹿島、香取神宮の存在と日高見国の位置の考証に移り、鹿島から鹿児島への船の移動を推論する。
    「鹿島立ち」が古来より意味したのは関東からの防人が九州の防衛に行くことだった。鹿島、香取神宮の付近には日高見という地名が多い。
    田中氏はこう言う。
    「ニニギノミヤは、鹿島から立って九州の鹿児島に船団で向かって到着し、『天下った』ことを意味し、『天孫降臨』の随伴する七柱の神とは、天児屋根命、天鳥船神、天津日高日子などで、まさに東国三社の神々であり、『日高見国』の人々がニニギノミヤを守り、従う随神たちであったことを示している」(174p)。
    さて評者も、神話の故郷、高千穂には三回でかけている。
    高千穂で「天の岩戸」なる場所を遠望し、高千穂神社での恒例の神楽見学のあと、土産屋に寄ると、「天孫降臨」という焼酎を売っていた。名前が気に入ったので思わず買ってしまった。
    高千穂から延岡へ山稜をたどるとニニギノミヤが降り立ったと言い伝えのある山がある。じつはこの山稜のなかに可愛岳がある。ご記憶だろう、この峻険は?山を越えて、西南戦争に敗れた西郷隆盛軍が薩摩への帰還の旅にでたことを。官軍はニニギノミコトの神話を思い出して、可愛岳を登攀した西郷軍を深追いしなかった。

    ▲「邪馬台国」も「卑弥呼」もシナの捏造なのだ

    白眉は「邪馬台国」。「卑弥呼」論争への決定打だ。
    田中氏は次のように言う。「魏志の倭人伝は倭国のことを具体的に描いたものではなく、若干の同一性を除くと、すべてフィクションであり、検討に値しない」。
    そう、魏志の倭人伝など、ずばり検討すること自体が徒労なのである。
    卑弥呼は倭国のひとつの邪馬台国の巫女に過ぎない。「つまり天皇のように倭国すべてを統一した上の、『権威的存在』ではない」のである(235p)。
    したがってどちらも実在しなかった。戦後歴史学は、邪馬台国の場所論争、卑弥呼は誰か、女王はどの地区を納めたのかと百花繚乱、侃々諤々、牽強付会の議論に明け暮れた。
    「実在しなかった」といきなり結論をいわれても、戸惑う読者も多いことだろう、と推察する。
    そもそも日本の歴史書に登場しない架空の国と女王。中国の三国志の附録にあたる魏志の倭人伝が言い出しているだけ。この一点をみても、奇怪である。
    思い出されたい。中国にとって歴史はプロパガンダであり、韓国のそれはフィクションであることを。
    魏志の倭人伝は風説、伝聞を纏めて仕上げた怪しい歴史書であり、そこにはシナの政治的打算、思惑が秘められている筈である。
    評者は昔から魏志の倭人伝は信用するに値せず、創作だろうと考えてきた。まず「倭人」という差別的軽蔑語、「卑弥呼」などとおおよそ女王に似合わない命名ぶりからも作者の政治的意図が推定できるのではないか。
    すなわち邪馬台国なるものは、あたかも南京大虐殺などというプロパガンダをまともに追求して、いや実際の犠牲は二万名だったとか、数千ではなかったかという不毛の反論に陥る。相手の陥穽にみごとに嵌っているのではないか。最初から偽書だと断定すれば、邪馬台国がどこにあったか、等という「誇大妄想」的で、レベルの低さを代弁するような愚劣な議論はうまれまい。
    「邪馬台国とか卑弥呼とかいう蔑称がいつの間にか歴史用語になり、教科書にまで載せられるようになったこと自体が、日本の歴史力のレベルの低さを示している」(228p)。
    田中氏は日本中どこを捜しても「卑弥呼神社」がないという冷厳なる現実から論を進める。

  30. 『日本の美仏 50選 』

    日本の美仏 50選
    出版社: 扶桑社 (2017/9/2)

    穏やかな、あるいは荒々しい神秘的な仏像の数々。
    なぜ、見る者の心を落ち着かせるのか。
    日本全国の最高水準の仏像を一挙公開!

    西洋美術にも造詣が深い著者が、仏像に祈りを込めてきた
    日本人の心象風景も踏まえ紹介する珠玉のガイドブック。

    見る人に感動を与える美仏の数々
    浄楽寺『不動明王』(神奈川)――力強く攻撃的な「醜さ」の理由とは?
    新薬師寺『迷企羅』(奈良)――仏教が卑しいとする「怒り」をなぜ現している?
    興福寺『維摩居士』(奈良)――病に侵された僧侶の姿は何を伝えているのか?
    願成就院『毘沙門天』(静岡)――仏像はそれぞれの土地との深い関係がある
    三十三間堂『摩和羅女』(京都)――世界で最も秀逸な女性像は痩せた老女である
    永観堂『阿弥陀如来』(京都)――仏師が伝えようとした仏教の教えを読み解く
    熊野神社『成島毘沙門天』(岩手)――日本一巨大な毘沙門天は坂上田村麻呂!? 他